2011年9月アーカイブ

モートン病

| トラックバック(0)

と、診断されたお客様がご来店下さいました。

その方は外反母趾も強く、脈診では脾と腎に変調がみられました。

特に反応が強かったのは、「太白」のツボ。

そして左の「陰稜線」の虚が強かったのが、気になりました。

残念ながら、施術直後の痛みの改善はさほど大きくはなかったようですが、明日以降の変化に期待!

2日後にすかっととれる方もいらっしゃるので。

 

モートン病:個人差はありますが、第3-4足趾間(第3趾と4趾の向かい合う側)のしびれ、疼痛、灼熱痛などの多彩な神経症状が出現します。前足部足底の小さな有痛性の腫瘤を主訴に来院することもあります。障害部位は、第2-3、4-5足趾間のこともあります。また、痛みは強いことも少なくなく、時には、下腿まで及ぶことがあります。(日本整形外科学会のウェブサイトより)

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。