2014年5月アーカイブ


明け方に目が覚めてしまい、そのあと寝付けない方、夜中に足がツッて目が覚めてしまう方にお薦めの快眠法をご案内致します。

冬場はしっかり布団に入って眠られていると思いますが、だんだん温かくなってくると、寝ているうちに布団をけって足を出していませんか?
それが原因で、ふくらはぎが冷えてこの様なお悩みがでている方を多くお見かけします。

ですが、暑いときの自然な身体の反応ですので止めることはできません。

そんな時にお薦めなのが、「シルクのレッグウォーマー」です。
絹(シルク)は昔から、冬温かく夏さらっとしていると言われていますが、布団の中で蒸れず、布団の外では冷えから足を守ってくれます。

是非一度お試し下さい。

SHANTIでは、シルク100%のレッグウォーマーを2,350円で販売中です。

*これ以外の原因で眠れない方は、SHANTIにご相談下さい。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

見つけ易く、自分で押し易いツボでお薦めなのが、こちら↓


「委中」という、膝の裏の真ん中にあるツボです。
最近ご来店下さるお客様の多くが肩こりを訴えられますが、その殆どの方の「委中」のツボが実(堅くなる)しています。

四総穴(しそうけつ)という有名なツボの一つで、「腰背委中求」といい、腰背部の疾患に広く用います。
ギックリ腰の時には強めに押すといいといいますが、今の時季は左右押し比べてより堅い方を優しくほぐしてあげるのがSHANTIのお薦めです。

これでも肩こりが改善しない方、身体に熱がこもった感じがしてお辛い方は、SHANTIにご相談下さい。


関連記事
●今の時期に多い「肩こり」の特徴 (3/21〜5/22)●

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

一概に「肩こり」といっても、実は首だったり、肩の上の方だったり、肩甲骨の間だったりと、様々な部位にコリが現れています。その中で今の時期に起こり易いのは、「肩甲骨の間のコリ」と考えられます。

東洋医学では「運気論」という書で、季節ごとの邪気が有ると考え、季節を5つに分けて説明してくれています。

今は、「二の気」(春分から小満、つまり3/21〜5/22)にあたります。
この時期は「熱/火の時季」で、胃腸から胸中にかけての内熱がきつくなり、鼻やのどが乾いたり水分代謝異常が起こり易いとされています。胃腸を中心としたその上の当たりに熱が集まることから、その裏側がコルと考えると、肩甲骨の間(から肩にかけて)コル方が多いのも、納得ですね^^

肩こりがある方、今どこが一番お辛いですか?


関連記事
●今の時期に多い「肩こり」にお薦めのツボ (3/21〜5/22)●

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

「未病」って何?

| トラックバック(0)

「日本未病研究学会」によると・・・(HPより抜粋)

「未ダ病ニナラザル」つまり、病気ではないことになります。しかし、「未ダ」と成っていますのでそこには病気を予期している意味が内在しています。そこで当学会では、未病とは「健康状態の範囲であるが病気に著しく近い身体又は心の状態」を言うと一応に定義いたします。

未病の場合、自覚症状も他覚症状も無く、一応健康であるが、病気に近い健康状態を言います。

未病の伝統的な考え方は、自覚症状があるが検査結果に出ない場合又は検査結果は出るが自覚症状が無い場合の両方を未病としております。

ただし、未病の概念はまだ確立されておりませんのでここでの未病の説明が絶対であるとご理解しないで頂きたいと存じます。

・・・

江戸時代にかかれた貝原益軒の「養生訓」には、「未病」とは、一言でいうならば「半健康で、病気に進行しつつある状態」とされています。


・・・

つまりまだ確立された概念では有りませんが、 病気の手前であるといえるのではないでしょうか。症状に気づき、対策を考えられる場合はまだいいのですが、自覚症状が無く病気に進行してしまう場合もあります。


「未病リサーチスクエア協会」HPに未病症状をを以下のようにまとめています・・・

軽症高血圧、境界域糖尿病、高脂血症、高尿酸血症、肥満、脂肪肝、シンドロームX、B型肝炎、肝炎キャリア、無症候性脳梗塞、メタボ、機能性胃腸症、ピロリ菌感染、軽症認知症、冷え性、のぼせ、瘀血、その他遺伝子病など

・・・

いかがですか?
これらは、検査等で数値の異常からみつけることができるものが多いのですが、「瘀血(おけつ)」は東洋医学の病名で、「血の巡りが悪く停滞している状態」のことです。痛みや、くすみ等の肌トラブル等と深い関係があり、検査結果にはでませんので、注意が必要です。

「検査にでない未病の症状」としてこの他に、しびれ、倦怠感、眩暈(めまい)、冷えなども「日本未病システム学会」で、定義されています。


東洋医学では、未病症状を五臓、気血水、陰陽などに分類し、それぞれにあった改善方法を示してくれています。


*この記事をご覧下さった方に、特別に「瘀血(おけつ)」かどうかがわかる体質チェック(気血水)を500円で実施させて頂きます(すいな施術割引券1,000円分付)。
ご希望の方は、メールに「体質チェック(気血水)希望」と書いてお送り下さい。メールにチェックリスト(PDFファイル)を添付し、お送りしますので期限までに送り返して下さい。追って結果をご案内します。

メール送付先: info@shanti-ctm.com

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年1月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。