2016年11月アーカイブ

ストレスと対策のお話

| トラックバック(0)

先日、NHKスペシャルでストレスの特集が組まれていました。
私たちの命を奪いかねない「キラーストレス」と呼ぶべきストレスのメカニズムのお話でした。この特集の秀逸なところは、その怖さを助長するのではなく、脳科学や生理学など最先端の研究によって、ストレスが血管や脳を破壊したり、がんを悪化させたりするといった、人を病に陥れる詳細なメカニズムが明らかにし、さらには世界の最新研究から分かってきた効果的なストレス対策について伝えてくれたところです。この番組から得た情報を中心に、ストレスに関する情報をまとめました。


●ストレスとは
脳の扁桃体が不安や恐怖を感じると ストレス反応と言われる反応が始まり、ストレスホルモンが分泌されたり自律神経が興奮したりします。そのために心拍数が増える、血圧が高くなるといった反応が起こります。

ストレスは100年前にある学者が「外からの刺激によって起こる歪みに対する反応」と定義し、「ストレスを引き起こす外からの刺激」をストレッサーとよびました。ストレッサーは、寒冷、騒音、放射線といった物理的なもの、酵素、薬物、化学物質などの化学的なもの、炎症、感染、カビといった生物的なもの、怒り、緊張、不安、喪失といった心理的なものがあるとされています。普段私達が「ストレス」とおもっているより広範囲にわたる物が、ストレスを引き起こす原因となっていることが分かります。(詳しくはこちらをご覧下さい。)


●キラーストレスとは
一つ一つは小さくても、多くのストレスが重なった危険な状態のことをいいます。
血管が破壊され、脳卒中や心筋梗塞、大動脈破裂を引き起こします。
心臓の筋肉を流れる血液が減少し心不全を引き起こす、がんを悪化させる、体内に入った細菌を増やして血管の破壊を起こすなど、命に関わることもわかってきました。

*ストレス度をチェックしたい方、キラーストレスについて詳しくご覧になりたい方は、以下のリンクをご覧下さい。
http://www.nhk.or.jp/special/stress/01.html#check


●ストレスが関係する病
ストレスがかかると自律神経の興奮やストレスホルモンが過剰な状態に陥り、さまざまな病気を引き起こしたり悪化させたりします。
ストレスが関係する主な病は、以下の通りです。
・蕁麻疹(じんましん)
・アレルギー
・胃炎
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・脳卒中
・心筋梗塞
・糖尿病
・エコノミークラス症候群
・うつ病 など


●ストレス対策
アメリカ心理学会は5つの対策を勧めているそうです。
1)ストレスの原因を避ける
2)運動
3)笑う
4)サポートを得る
5)マインドフルネス(瞑想)

番組で紹介された方法は以下の2つです。
1)コーピング
2)マインドフルネス(瞑想)

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

DPP_0134.JPG

コースの詳細
① 回数:8回+技術チェック
② 料金:10万円(税込←今回限定価格)
*コース開始までに全額現金でお支払の方(分割払い:2回まで)
③ 時間:60〜120分(内容と人数により異なる)
④ 開講日:2週間毎に1回程度(平日夜又は日曜日)
候補日:12月14日、28日20時から
    1月9日10時半から(その後ランチ・希望者)
(平日は基本的に月、水、金のいずれか20時から、日曜は相談)
⑤ 内容:
1日目:一指禅推法と滾法 60分
2日目:1回目の復習、はく運法、揉法、按法、撥法 60分
3日目:すべての手技の復習、仰臥位にて下肢の施術 6〜90分
4日目:3日目の復習、伏臥位にて背部から臀部の施術 6〜90分
5日目:3、4日目の復習、伏臥位にて下肢の施術 6〜90分
6日目:3〜5日目の復習、伏臥位にて臀部から肩の施術 6〜90分
7日目:3〜6日目の復習、伏臥位にて肩上部から頭の施術 6〜90分
8日目:通しで全身施術 120分
技術チェック 60分
 合格→認定書発行
 不合格→30分練習・60分再チェック(1万円/回)
*参加者が2名以上の場合、1名につき1日増えます(内容は以下の通り)。
9日目:希望部位の再確認
10日目:その他の部位(腕、顔、指など)
11日目:希望する症例について練習

どんな人にお勧め?

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、2016年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。