症状別の最近のブログ記事

ストレスと対策のお話

| トラックバック(0)

先日、NHKスペシャルでストレスの特集が組まれていました。
私たちの命を奪いかねない「キラーストレス」と呼ぶべきストレスのメカニズムのお話でした。この特集の秀逸なところは、その怖さを助長するのではなく、脳科学や生理学など最先端の研究によって、ストレスが血管や脳を破壊したり、がんを悪化させたりするといった、人を病に陥れる詳細なメカニズムが明らかにし、さらには世界の最新研究から分かってきた効果的なストレス対策について伝えてくれたところです。この番組から得た情報を中心に、ストレスに関する情報をまとめました。


●ストレスとは
脳の扁桃体が不安や恐怖を感じると ストレス反応と言われる反応が始まり、ストレスホルモンが分泌されたり自律神経が興奮したりします。そのために心拍数が増える、血圧が高くなるといった反応が起こります。

ストレスは100年前にある学者が「外からの刺激によって起こる歪みに対する反応」と定義し、「ストレスを引き起こす外からの刺激」をストレッサーとよびました。ストレッサーは、寒冷、騒音、放射線といった物理的なもの、酵素、薬物、化学物質などの化学的なもの、炎症、感染、カビといった生物的なもの、怒り、緊張、不安、喪失といった心理的なものがあるとされています。普段私達が「ストレス」とおもっているより広範囲にわたる物が、ストレスを引き起こす原因となっていることが分かります。(詳しくはこちらをご覧下さい。)


●キラーストレスとは
一つ一つは小さくても、多くのストレスが重なった危険な状態のことをいいます。
血管が破壊され、脳卒中や心筋梗塞、大動脈破裂を引き起こします。
心臓の筋肉を流れる血液が減少し心不全を引き起こす、がんを悪化させる、体内に入った細菌を増やして血管の破壊を起こすなど、命に関わることもわかってきました。

*ストレス度をチェックしたい方、キラーストレスについて詳しくご覧になりたい方は、以下のリンクをご覧下さい。
http://www.nhk.or.jp/special/stress/01.html#check


●ストレスが関係する病
ストレスがかかると自律神経の興奮やストレスホルモンが過剰な状態に陥り、さまざまな病気を引き起こしたり悪化させたりします。
ストレスが関係する主な病は、以下の通りです。
・蕁麻疹(じんましん)
・アレルギー
・胃炎
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・脳卒中
・心筋梗塞
・糖尿病
・エコノミークラス症候群
・うつ病 など


●ストレス対策
アメリカ心理学会は5つの対策を勧めているそうです。
1)ストレスの原因を避ける
2)運動
3)笑う
4)サポートを得る
5)マインドフルネス(瞑想)

番組で紹介された方法は以下の2つです。
1)コーピング
2)マインドフルネス(瞑想)

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ヤクってご存知ですか?
ヤクは、主にモンゴルの高原の一部と、 チベットの大部分(標高4000~6000メートルの所)に生息する牛の仲間です。 寒冷な砂漠地帯、氷河地帯といった厳しい気候の自然を生き抜くヤクの毛はとっても温かく、保温性・防水性に富んだ、カシミヤと並ぶ高級天然繊維です。細く長い繊維は光沢があり、弾力性が強いためシワになりにくい素材です。
そんなすごい素材を使って、日本で丁寧に作り上げたヤクの毛商品を注文販売致します。
・レッグウォーマー:フリーサイズ(丈42cm・素材ヤク93% ポリエステル6% ポリウレタン1%)2,280円(税込)
・靴下:サイズ22~26cm(丈かかとから22cm・素材ヤク100%)1,680円(税込)
洗濯:手洗い(ヤク製品、カシミヤ製品はウール製品と異なり、お洗濯により縮むことがございません。)
注文方法:メールにてご希望数量をお知らせ下さい。info@shanti-ctm.com まで
申込期限:10月7日(土)まで
通販の場合:代金は銀行振込にて、送料80円から(重さにより異なる)
サロン引取の場合:ご来店時に商品と引き換えにお支払い下さい。2_000000000590.jpg
9_000000000742.jpgDSCN2121.JPG

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

「水」は、「津液」ともいい、湿気の多い日本ではこの不調がおこりやすいので、対策をする為のヒントになればうれしいです。

「水(津液)」とは:
「血」と源は同じですが、「血」以外の体液のことです。
例えば、リンパ液から鼻水まで、体内の赤くない液体全部です。
潤いと栄養を与える作用があります。

津液は、津と液に分けられます。
・津:澄んでさらさらとした体液で、汗や尿など。
・液:粘り気があり、髄液、涙、鼻水、唾液など。

働き:
 ①臓腑や身体各所を潤します。
 ②身体の恒常性を保ちます。

*恒常性(ホメオスタシス):生物体が外部環境の変化や食物の影響にもかかわらず、体温 ・ 血糖値 ・ 血液酸性度などの生理的状態を一定に保つことと、その仕組みのこと。


「水」が病むと・・・水滞(水の停滞)、津液不足

水滞(痰湿)・・・津液が停滞すると、冷えを生じます。これが熱せられると痰湿となって、気血の流れを邪魔します。

 症状:

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

「血」の働きと、病について、ご紹介したいと思います。

「血」とは:
東洋医学の「血」は「けつ」といいます。
「ち」と、ほぼ同じです。
「脾」「胃」で作られます。
「肝」で貯蔵されます(蔵血作用といいます)。


働き:
 ①臓腑や筋肉に栄養を与え、活動させます。


「血」が病むと・・・血虚、瘀血(血が停滞)

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

日常的に、色んなところに登場する「気」。
元気、やる気、根気、陰気、陽気・・・その大本がこの「気」なのです。
では、一体なんなんでしょう。

「気」とは:
すべての活動の源。
「血」「水」を作ったり、動かしたりする源。


働き:
 ①血・水を動かす(推動作用といいます)
 ②身体や臓腑を温める(温煦作用といいます)
 ③必要以上の発汗、出欠を抑える(固摂作用といいます)
 ④外邪の侵入を防ぐ(防御作用といいます)
 ⑤物質を変化させる(気化作用といいます)


「気」が病むと・・・気虚、気滞

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

春の急な肩の痛み

| トラックバック(0)

昨日の午前中に突然、左肩が痛み出しました。
お風呂で温めても、緩和している気がしません。。。

と言うご相談を頂きましたので、以下の通り自分でできる対処法をご案内致しました。参考になればと思い、こちらにもご紹介させて頂きます。

まずは筋肉を緩めるツボ、急性症状のツボをご案内します。
宜しければ、ご自身で押してみて下さい。

まずは、こちらのツボをお試し下さい。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

PM2.5と空咳のツボ

| トラックバック(0)

 

 

IMG_4556.JPGのサムネール画像

 

 

この年末は暖かく過ごしやすかったのですが、PM2.5にやられてしまい、激しい花粉症の様な症状と咳、ひどい日は声が出ない・・・といったことに悩まされました。

 

皆さんはいかがでしたか?

これから花粉も含め益々いろんなものがとんでくるでしょう。。。

こんな時おススメなのが、ナスヤと肺の経絡のツボ(今回はお灸してみました)です。

http://www.skincare-univ.com/daily/column/002412/

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

風邪薬は対症療法?!

| トラックバック(0)

 風邪をひいたら風邪薬、と思っている方も多いと思いますが...。


かぜとは
 「風邪ウィルス」というのがあるわけではなく、かぜ症状を引き起こす様々なウィルスや、場合によっては細菌によるものもあり、「かぜ症候群」と言います。ちなみに東洋医学で風邪は「ふうじゃ」といい、「風」の「邪気」のことです。

一般的な風邪薬は
「総合感冒薬」といって、発熱、頭痛、咳、くしゃみ、のどの痛み、鼻水、鼻づまり、関節・筋肉の痛みなどの普通感冒の諸症状を緩和する(症状を抑える)のが目的で、「カゼが治る」=「原因治療」ではないのです。 



 2007年のInternal Medicine(日本内科学会機関誌)には、抗炎症薬は風邪症状を軽減するかもしれないが、早く治すどころかむしろ治りが遅くなる可能性があるという研究が掲載されています。(参照元はこちら)

つまり、薬を飲むと・・・

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

毎年、室内で年配の方が熱中症で倒れられたというニュースを耳にしますが、なぜ屋内の暑さが厳しくないところで熱中症にかかられたのか、疑問に思ったことはありませんか?

中医学(東洋医学)の古典にこの答えが書かれていましたので、わかりやすくご案内しますね^^

熱中症には種類が2つあります。
A) 中暑(屋内や日陰でもかかる)
B) 中熱(屋外や暑いところで、体を動かす等でかかる)

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

寒くなるといつも発生する不調でお悩みの方、夏に冷房のきいた部屋でカラダを冷やしたり、冷たいものを食べ過ぎたりしませんでしたか?

夏は自然界にある陽気が上昇し、強くなって発散する時期です。
この時期は体内に潜んでいる寒の邪気を追い出しやすくなりますので、冬の病(主に冷えからくるもの)を夏に治してしまおうという考え方を「冬病夏治」といいます。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち症状別カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは漢方茶です。

次のカテゴリは社会貢献です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。