講演の最近のブログ記事

「起業家実践」のお話をさせて頂きました^^
前日は緊張して、眠れないかもと思いきや、いつの間にか爆睡・・・笑

あっという間の4年、色んなことがありましたが、たくさんの方々のお陰で何とか今日までやってこれました。
心からの感謝の気持ちをこめて、大学生の皆さんに、ちょっとでも夢を持ってもらえたり、好きな事で起業してもらえるお手伝いがちょこっとだけ出来たりしたら、嬉しいとの想いでお話をさせて頂きました。

P1100637.JPG

 

 

今回は生まれて初めて、自分らしくありのままの自分で、人前でお話させてもらうことができました!

私がお伝えしたかったことは、

1.起業するなら自分が(三度の飯より)好きな事!

2.一度や二度の失敗を恐れずにチャレンジする事!

 

この2点でした。アンケートを拝見する限り、お陰様でお伝え出来たようです〜

 

東洋医学を少しだけ身近に感じてもらう為に、捕らえにくい「気」を「空気の鍼」というものを使って体験して頂きました。

思った以上に、盛り上がりました^^

「気というものが、わかりました」とアンケートに書いて頂いたのを見て、心の中でガッツポーズしました♪

 

 

P1060976.JPG

「なんかすごすぎて正直ひいちゃいました」という人が若干一名いらっしゃいました。

「最近の学生さんならもっといる?」想定でしたので、熱く語りすぎない様気をつけました。

何とかまずますは聞いて頂けたようですが、今後の課題でもあります。

 

嬉しい事にびっしりとアンケートに記入して頂きましたので、一つ一つお返事をさせて頂こうと思っています。

とっても勉強になりました。そして楽しいひと時でした。

アレンジして下さった教授、大学生の皆さん、本当にありがとうございました!!!

 

フェイスブックでもたくさんの皆さんに応援して頂き、そのお陰で、緊張を乗り越えて踏ん張れました!ありがとうございました!!!

 

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

2013年5月25〜26日に大阪で開催された、社団法人日本中医学会学術総会における日本チベット医学交流特別招待講演「Pulse Diagnosis(チベット医学における脈診の不思議)」にて通訳をさせて頂きました。

 

 

NEC_0003.JPG

左から、通訳のラクシュミさん、私、チベット医師Nyima Tsering先生


チベットは現在中国人が多く住み、チベット人達はインド北部のダラムサラ(ダライ・ラマ法王のチベット亡命政権の正式名称は、 「中央チベット政権 CTA (Central Tibetan Administration)」である。CTAは、チベットにおけるチベット政府の延長として、1959年4月29日ムスーリーに設立され、1960年5月にインド北西部のダラムサラに移された。)、ネパールなどに入植し暮らしています。

チベット医学はこれらの都市に限らず、ロシアを始めとする多くの国で人々の生活と密着しています。
3000年の歴史が有るとも言われていて、メンツィ・カン(Men-Tse-Khang チベット 医学暦法研究所)でこの医学を学ぶことや治療を受けることができます。

http://www.tibethouse.jp/culture/medicine1.html *ドクター・ダワの「チベット医学入門」にて、概要をご覧になれます。
http://bontendo.ocnk.net/product-list/38 *メンツィ・カンのお茶を購入出来るサイトを、発見しました!

チベット医学は、中医学とアーユルヴェーダ、そして仏教の思想がそれぞれうまくミックスされ、調和しているように見受けられました。

私が担当させて頂きましたPulse Diagnosis(脈診)については、脈診部位等は中医学(東洋医学)の六部定位とほぼ同じなのですが、男性と女性で寸口部でみる臓腑が逆になっているのが興味深かったです。

その理由として、心尖部が女性は左に男性は右に傾いていることからそうなった、ということです。

又、脈を男性脈、女性脈(性別とは関係ないが、粗い<ー>細いなど、何となくしっくり来る部分もある)の他に、菩薩脈というのがあり、別名を中性脈というそうです。

驚いたのが、鬼神脈といい悪霊等が取り憑いたときの脈についての説明も有りました。その場合は、医学による治療ではなく、患者の信じている宗教における儀式(お祓い等)でそれを鎮めるのだそうです。

病因についても、生活習慣や食生活のみならず過去生のカルマによる場合もあるそうですが、一般的なものは無明(無知)、執着、怒りの3つから発生するというのは、今の日本においても頷けるものがあると思いました。

Nyima先生はとても穏やかで、いつもニコニコされていました。

それでいて、医学についてお話されるときは真摯で、一生懸命伝えようと言う熱意が伝わってきて、私にとってとても貴重な時間でした。

過去には格闘技で世界と繋がってきましたが、これからは伝統医学で世界と繋がる、という自分の方向性が見えた本当に素晴らしい体験でした。

Nyima先生始め、久々の通訳をガッチリ後方支援して下さったかりゆしクリニックの東院長、そしてこの機会を下さいました研究会の木本代表理事に、つたない通訳では有りましたが熱心に聞いて下さいました聴衆の皆さまに、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました!

これを機に、「中医学(東洋医学)の通訳・翻訳なら、畠中に」と言ってもらえるように、精進したいと思います^^

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

チベット医学に、ご興味がある方はいらっしゃいますか?

亡命先のネパールから著名なチベット医が来日し、社団法人日本中医学学会総会でご講演されます。

チベット医学のわかりやすい基礎概念と、脈診理論についてです。

ご興味ある方は、下記、プログラム内容を一覧頂き、下記リンクから、お申し込み下さいませ。

 

*医療従事者以外の参加費用は、5/25と26の二日間で3000円ととてもお手頃です!

http://www.nihonchuigaku.com/wp-content/uploads/第6回学会プログラム1.pdf

http://www.nihonchuigaku.com/未分類/☆new!☆ 第6回社団法人日本中医学会-学術総/

 

 

私がチベット医学に興味を持ったきっかけは、こちらの2冊の本です。

チベット死者の書

51YxhFMiTvL._SL500_AA300_.jpg


愛と非暴力
51LprcuQCsL._SL500_AA300_.jpg

チベット仏教の考え方は、日本人にはどことなく理解出来る部分が有り、その死生観が健康に幸せにいきる為に大いに役立つ気がしました。

チベットへの興味が深まるにつれ、タイ古式マッサージをしている友人(今、インドのダラムサラやチベットを訪問中)が、こんな本を貸してくれました。

チベット瞑想入門
4177bc4t+KL._SL500_AA300_.jpg

サロンの名前であるSHANTIの意味が、ここに詳しくわかりやすい表現で記されていたり、東洋医学でも理解が難しい「心」についての理解が深まったり。。。

何がどこでどう繋がるか、本当にわかりません。

でもきっと、スティーブジョブズ氏が仰っていたように、「心のままに、惹かれるものに素直にいきていれば、いずれ点と点が繋がって、線となっていく」そんな感じがしています。

ピンと来た方は、ぜひチベット医学のお話を聞きにいらしてみてはいかがでしょうか。

 

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

フレアとくしま100講座企画委託事業の一環として、12月4日(日)に13時より開催される講演の、講師をさせて頂きます(緊張!)
http://syougai.tokushima-ec.ed.jp/detail_event.php?pkey=3001413
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第1部 講演会
午後1時~2時30分 ブライダルコアときわホール(定員142名)
男性優位のスポーツ界を経験した女性の整体サロンの起業体験を通して、女性の地位向上・自立の過程を知るとともに、震災時における女性の視点の必要性を学びましょう。
◆第2部 実技講習会
午後2時45分~4時 研修室1(定員15名:申込先着順)
推拿の施術を体験して、家庭でもできる健康づくりのヒントをお持ち帰りいただきます。

***********************************************************
すいな整体サロン&漢方茶 SHANTI

〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-6-2-201
TEL: 06-6203-0300
mail: info@shanti-ctm.com
web: http://www.shanti-ctm.com/
Facebook: http://www.facebook.com/shanti.tuina

--------------- twitterでつぶやいています---------------
すいな→ http://twitter.com/shanti_salon
漢方茶→ http://twitter.com/shanti_tea
ツィ割情報→ http://twiwari.jp/shanti_salon

---------------東日本大震災復興支援活動---------------
facebook→ http://www.facebook.com/hisaichi.ni.iyashi
ameblo→ http://ameblo.jp/hisaichi-ni-iyashi/
*お手伝い下さる方大募集中!WEBが得意な方、募集中*
**********************************************************

 

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち講演カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは読書感想です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。