東洋医学基礎知識の最近のブログ記事

汗のお話

| トラックバック(0)

暑い日が続いていますので、今日は東洋医学では【汗】をどうみるか、ご紹介しようと思います。どこに汗をよくかくか、汗がどんな出方をしているかで、東洋医学的分類をしてみました。


●汗をかく部位別診断

頭・顔面部(頭汗といいます):
 上焦邪熱・・・肺・心に不要な熱が鬱滞
 中焦湿熱・・・脾・胃などに湿(余分な水)と熱がある

手足(手足心汗といいます)に多汗:
 陰経鬱熱・・・陰の経絡(腎、脾など)に熱が鬱滞
 陰虚・・・陰(熱を冷ます物質)の不足
 脾胃湿熱・・・脾・胃に湿(余分な水)と熱がある

半身(患側は無汗):
 痰濁・・・体内の不要な湿(水)が鬱滞
 瘀血・・・どろっとした栄養できない血


*肺・脾・腎等の五臓は、西洋医学の肺・脾臓・腎臓とイコールではありませんので、ご注意下さい。東洋医学の臓腑は、物理的な臓器と生理的な作用を含めて肺・脾・腎などと読んでいます。区別する為に「腎臓」(=西洋医学)、「腎」(=東洋医学)というように表記します。
 

●汗の出方による分類

汗をかきやすい・・・熱症、気虚症
汗をかきにくい・・・寒症

*○○症というのは、東洋医学の診断名(体質/体調)です。

(ここからは中級者向けです。興味がある方はご覧下さい!)

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

梅雨の大敵「痰湿」

| トラックバック(0)

東洋医学では、体内において「気」「血」とともに人体を構成し、生命を維持する大切な水分を「津液=水(すい)」とよんでいます。この一部は「血」になるため「血」の原料でもあります。

津(しん):さらさら→体外にでると、汗、涙、唾に
液(えき):ねばねば→体内で関節、臓腑、脳などを潤す

この津液が停滞したり、凝集(かたまったりあつまったり)すると生理作用が発揮できずに、体に不要な「病理産物」に変化します。これを「痰湿(たんしつ)」と呼びます。

痰湿は体や頭の重だるさ、浮腫のもとになります。
このような状態の方の舌は胖大になり、べとっとしたコケ=膩苔が舌の上に付着し、滑脈と言われる玉が転がるような脈になります。

では痰湿の特徴や対策について、詳しく見ていきましょう。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

お待たせしました、東洋医学(中医学)的にはコレステロールをどう考え、薬膳ではどのようにアプローチしていくのか、「脳血管障害(中風)」を例にご紹介したいと思います。

中風:突然倒れて意識がなくなったり、口や目がゆがんで言語障害や半身不随などが起こったりする病気です。この病気は急に発病して症状の変化が早く、めまい等の症状が有り、自然界の風が起こすようだと言うことでこの名があります。

多くの場合、もともと体を冷ます役割を担う腎陰が不足し、相対的に肝陽が旺盛な体質の人が、精神的なストレス、飲食・飲酒やセックスの不摂生が原因で陰陽のバランスをさらに乱し、気血が逆行し、水分の代謝産物である痰が熱をもって経絡の流れを阻害して起こると考えられています。


中医学的分類

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

「水」は、「津液」ともいい、湿気の多い日本ではこの不調がおこりやすいので、対策をする為のヒントになればうれしいです。

「水(津液)」とは:
「血」と源は同じですが、「血」以外の体液のことです。
例えば、リンパ液から鼻水まで、体内の赤くない液体全部です。
潤いと栄養を与える作用があります。

津液は、津と液に分けられます。
・津:澄んでさらさらとした体液で、汗や尿など。
・液:粘り気があり、髄液、涙、鼻水、唾液など。

働き:
 ①臓腑や身体各所を潤します。
 ②身体の恒常性を保ちます。

*恒常性(ホメオスタシス):生物体が外部環境の変化や食物の影響にもかかわらず、体温 ・ 血糖値 ・ 血液酸性度などの生理的状態を一定に保つことと、その仕組みのこと。


「水」が病むと・・・水滞(水の停滞)、津液不足

水滞(痰湿)・・・津液が停滞すると、冷えを生じます。これが熱せられると痰湿となって、気血の流れを邪魔します。

 症状:

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

「血」の働きと、病について、ご紹介したいと思います。

「血」とは:
東洋医学の「血」は「けつ」といいます。
「ち」と、ほぼ同じです。
「脾」「胃」で作られます。
「肝」で貯蔵されます(蔵血作用といいます)。


働き:
 ①臓腑や筋肉に栄養を与え、活動させます。


「血」が病むと・・・血虚、瘀血(血が停滞)

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

日常的に、色んなところに登場する「気」。
元気、やる気、根気、陰気、陽気・・・その大本がこの「気」なのです。
では、一体なんなんでしょう。

「気」とは:
すべての活動の源。
「血」「水」を作ったり、動かしたりする源。


働き:
 ①血・水を動かす(推動作用といいます)
 ②身体や臓腑を温める(温煦作用といいます)
 ③必要以上の発汗、出欠を抑える(固摂作用といいます)
 ④外邪の侵入を防ぐ(防御作用といいます)
 ⑤物質を変化させる(気化作用といいます)


「気」が病むと・・・気虚、気滞

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

経絡とツボについて

| トラックバック(0)

体内と皮膚との間には、一定の法則があると考えられました。
皮膚は、外部環境から体内を守る働きをしていると考えられ、また体調や身体の異変など、体内の情報を映し出しています。

●経絡とは、線(道)である
 1,経絡は、体内(五臓六腑)と外部環境を結ぶルート
 2,身体を維持する「気」「血」や、病の原因「邪気」の通路

経脈は縦方向、絡脈は経脈同士を繋いだり、経脈から分枝する細い脈で、経脈と絡脈を合わせて、経絡と言います。

●ツボ(経穴)とは、経絡上の点である

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

毎年、室内で年配の方が熱中症で倒れられたというニュースを耳にしますが、なぜ屋内の暑さが厳しくないところで熱中症にかかられたのか、疑問に思ったことはありませんか?

中医学(東洋医学)の古典にこの答えが書かれていましたので、わかりやすくご案内しますね^^

熱中症には種類が2つあります。
A) 中暑(屋内や日陰でもかかる)
B) 中熱(屋外や暑いところで、体を動かす等でかかる)

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

寒くなるといつも発生する不調でお悩みの方、夏に冷房のきいた部屋でカラダを冷やしたり、冷たいものを食べ過ぎたりしませんでしたか?

夏は自然界にある陽気が上昇し、強くなって発散する時期です。
この時期は体内に潜んでいる寒の邪気を追い出しやすくなりますので、冬の病(主に冷えからくるもの)を夏に治してしまおうという考え方を「冬病夏治」といいます。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

一概に「肩こり」といっても、実は首だったり、肩の上の方だったり、肩甲骨の間だったりと、様々な部位にコリが現れています。その中で今の時期に起こり易いのは、「肩甲骨の間のコリ」と考えられます。

東洋医学では「運気論」という書で、季節ごとの邪気が有ると考え、季節を5つに分けて説明してくれています。

今は、「二の気」(春分から小満、つまり3/21〜5/22)にあたります。
この時期は「熱/火の時季」で、胃腸から胸中にかけての内熱がきつくなり、鼻やのどが乾いたり水分代謝異常が起こり易いとされています。胃腸を中心としたその上の当たりに熱が集まることから、その裏側がコルと考えると、肩甲骨の間(から肩にかけて)コル方が多いのも、納得ですね^^

肩こりがある方、今どこが一番お辛いですか?


関連記事
●今の時期に多い「肩こり」にお薦めのツボ (3/21〜5/22)●

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち東洋医学基礎知識カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは推拿です。

次のカテゴリは求人です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。