ツボの最近のブログ記事

梅雨の大敵「痰湿」

| トラックバック(0)

東洋医学では、体内において「気」「血」とともに人体を構成し、生命を維持する大切な水分を「津液=水(すい)」とよんでいます。この一部は「血」になるため「血」の原料でもあります。

津(しん):さらさら→体外にでると、汗、涙、唾に
液(えき):ねばねば→体内で関節、臓腑、脳などを潤す

この津液が停滞したり、凝集(かたまったりあつまったり)すると生理作用が発揮できずに、体に不要な「病理産物」に変化します。これを「痰湿(たんしつ)」と呼びます。

痰湿は体や頭の重だるさ、浮腫のもとになります。
このような状態の方の舌は胖大になり、べとっとしたコケ=膩苔が舌の上に付着し、滑脈と言われる玉が転がるような脈になります。

では痰湿の特徴や対策について、詳しく見ていきましょう。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

「水」は、「津液」ともいい、湿気の多い日本ではこの不調がおこりやすいので、対策をする為のヒントになればうれしいです。

「水(津液)」とは:
「血」と源は同じですが、「血」以外の体液のことです。
例えば、リンパ液から鼻水まで、体内の赤くない液体全部です。
潤いと栄養を与える作用があります。

津液は、津と液に分けられます。
・津:澄んでさらさらとした体液で、汗や尿など。
・液:粘り気があり、髄液、涙、鼻水、唾液など。

働き:
 ①臓腑や身体各所を潤します。
 ②身体の恒常性を保ちます。

*恒常性(ホメオスタシス):生物体が外部環境の変化や食物の影響にもかかわらず、体温 ・ 血糖値 ・ 血液酸性度などの生理的状態を一定に保つことと、その仕組みのこと。


「水」が病むと・・・水滞(水の停滞)、津液不足

水滞(痰湿)・・・津液が停滞すると、冷えを生じます。これが熱せられると痰湿となって、気血の流れを邪魔します。

 症状:

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

「血」の働きと、病について、ご紹介したいと思います。

「血」とは:
東洋医学の「血」は「けつ」といいます。
「ち」と、ほぼ同じです。
「脾」「胃」で作られます。
「肝」で貯蔵されます(蔵血作用といいます)。


働き:
 ①臓腑や筋肉に栄養を与え、活動させます。


「血」が病むと・・・血虚、瘀血(血が停滞)

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

日常的に、色んなところに登場する「気」。
元気、やる気、根気、陰気、陽気・・・その大本がこの「気」なのです。
では、一体なんなんでしょう。

「気」とは:
すべての活動の源。
「血」「水」を作ったり、動かしたりする源。


働き:
 ①血・水を動かす(推動作用といいます)
 ②身体や臓腑を温める(温煦作用といいます)
 ③必要以上の発汗、出欠を抑える(固摂作用といいます)
 ④外邪の侵入を防ぐ(防御作用といいます)
 ⑤物質を変化させる(気化作用といいます)


「気」が病むと・・・気虚、気滞

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

経絡とツボについて

| トラックバック(0)

体内と皮膚との間には、一定の法則があると考えられました。
皮膚は、外部環境から体内を守る働きをしていると考えられ、また体調や身体の異変など、体内の情報を映し出しています。

●経絡とは、線(道)である
 1,経絡は、体内(五臓六腑)と外部環境を結ぶルート
 2,身体を維持する「気」「血」や、病の原因「邪気」の通路

経脈は縦方向、絡脈は経脈同士を繋いだり、経脈から分枝する細い脈で、経脈と絡脈を合わせて、経絡と言います。

●ツボ(経穴)とは、経絡上の点である

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

春の急な肩の痛み

| トラックバック(0)

昨日の午前中に突然、左肩が痛み出しました。
お風呂で温めても、緩和している気がしません。。。

と言うご相談を頂きましたので、以下の通り自分でできる対処法をご案内致しました。参考になればと思い、こちらにもご紹介させて頂きます。

まずは筋肉を緩めるツボ、急性症状のツボをご案内します。
宜しければ、ご自身で押してみて下さい。

まずは、こちらのツボをお試し下さい。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

PM2.5と空咳のツボ

| トラックバック(0)

 

 

IMG_4556.JPGのサムネール画像

 

 

この年末は暖かく過ごしやすかったのですが、PM2.5にやられてしまい、激しい花粉症の様な症状と咳、ひどい日は声が出ない・・・といったことに悩まされました。

 

皆さんはいかがでしたか?

これから花粉も含め益々いろんなものがとんでくるでしょう。。。

こんな時おススメなのが、ナスヤと肺の経絡のツボ(今回はお灸してみました)です。

http://www.skincare-univ.com/daily/column/002412/

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

今日は雨ということもあり、めっきり冷えてきましたね。
こんな時には、腰痛で悩まされる方が増えます。今日は、様々な腰痛のツボをご紹介します。

1. 腰痛?と思ったら、まずはこのツボ!(初級編)
2. タイプ別腰痛のツボ(中級編)
3. ギックリ腰のツボ
4. 冷えから来る腰痛予防法

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

寒くなってくると増える腰痛。

今回は、腰痛のタイプ別に、どのツボを使うかをご紹介します(中級編)。

ツボの名前で検索すると、わかりやすいイラスト等がでてきますので、そちらを参考にご自身で痛くない程度に指で押してみて下さい。左右押し比べると、異変がわかりやすいかもしれません。

 

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

見つけ易く、自分で押し易いツボでお薦めなのが、こちら↓


「委中」という、膝の裏の真ん中にあるツボです。
最近ご来店下さるお客様の多くが肩こりを訴えられますが、その殆どの方の「委中」のツボが実(堅くなる)しています。

四総穴(しそうけつ)という有名なツボの一つで、「腰背委中求」といい、腰背部の疾患に広く用います。
ギックリ腰の時には強めに押すといいといいますが、今の時季は左右押し比べてより堅い方を優しくほぐしてあげるのがSHANTIのお薦めです。

これでも肩こりが改善しない方、身体に熱がこもった感じがしてお辛い方は、SHANTIにご相談下さい。


関連記事
●今の時期に多い「肩こり」の特徴 (3/21〜5/22)●

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちツボカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはダイエットです。

次のカテゴリはプレゼントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。