菽(しゅく)とは、豆の重さの事で、両手手首の6カ所を3,6,9,12,15粒の豆の重さで押さえて、脈を診て、五臓のバランスや気血水の状態などを伺う方法です。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

@「たけしの家庭の医学」2011.1.4

なんと、あの「レンコン」が花粉症改善にいいらしい!

適量は1日に40g。
レンコンの「ポリフェノール」という成分が、いいそうです。
この「ポリフェノール」は、「皮に多く含まれている」ため、「皮ごと食べるのが良い」とのこと。
また、「水に溶ける」ので、灰汁抜きをしたり、煮物にすると溶け出してしまうらしい。。。

そこでオススメなのが、このレシピ。
http://kenko.asahi.co.jp/recipe_theme.php
作り方を見たら、めっちゃ簡単!これは本当にオススメです。

ちなみに「薬膳」の授業では、中国人の講師の指導のもと調理実習を行いましたが、中国では野菜の皮を剥いたり、あくを取ったりしないと聞き、ちょっとびっくりしたの覚えています。
これは「レンコン」のポリフェノールについてもそうですが、日本の調理方法ではもしかすると有用な成分を摂取できなくなっていることが多々あるかもしれません。
栄養摂取の観点からは、「中国式」が理にかなっているのでしょうか。

では、この「レンコン」を薬膳ではどうみているか、ご紹介致します。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

中医学理論の四海学説は「黄帝内経・霊枢」海論第三十三を基礎にしている。これは人体の気,血,津波,精が集まる所,あるいは気,血,津波,精が貯蔵する 場所があるとして,それらが全身の四肢百骸,宗筋を栄養する源とされている。"胃は水穀の海""膻中は気の海""脳は髄の海""衝脈は十二経の海"と古典 文献に記されていることよりも,鍼灸臨床上においても治療方法を処方するうえで用いられる有効な手段である。本章においては四海学説の意義および四海理論 より導き出された経穴の作用と,配穴処方時の補瀉効果と類似する湯液を検討した。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

中医学と美容が結びついた理論と実技を両方重視した綜合科学です。伝統的な天然の中医美容法と現代の科学技術を統合し、肌のトラブルを解決しながら、健康の身体を維持するとともに、若々しく 美しい身体づくりをめざします。四千年の歴史を誇る漢方。その漢方を応用してフェイシャル技術に加味、さらに薬膳指導を行うことにより、 体の内外からフェイシャルのケアーを行い、みずみずしい本来の肌に戻します。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

指鍼

| コメント(0) | トラックバック(0)

指先を針に見立てて経絡経穴に刺激を与え、身体のバランスを整えていく手技。力をかけないので痛み(ダメージ)や揉み返しがなく、鍼や灸を使わないので衛生的で安心であり、リラクゼーション効果もある非常に 治療効果の高い施術法です。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

腧穴学

| コメント(0) | トラックバック(0)

奇穴と経穴(14経の中のつぼ)と阿是穴を合わせて中国では腧穴(ゆけつ)と呼びます。「腧穴学、ゆけつがく」とは穴位(けつい、ツボのこと大陸ではこう呼ぶ)の事を知るためにある学問です。解剖学的部位、西洋医学の筋肉、神経、脈管、刺鍼法を学びます。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

解剖学

| コメント(0) | トラックバック(0)

人体解剖学 (human anatomy e., Menschenanatomie d.) のことで、ヒトのからだ(身体)のつくりや形について学ぶ学問。構造を明らかにするために、外部のみではなく、内部を細かく分けて研究しなければなりません。anatomyとは、(ana) 相互にあるいは下から上に (tomia) 切るという意味で、まさに解きわける(剖)と言うことです。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

中医基礎理論

| コメント(0) | トラックバック(0)

一、陰陽五行学説(中医学の哲学的思想の基礎)。
二、臓象、経絡学説、及び気血津液(中医学の形態機能学の基礎)。 
三、病因と病機学説(中医学の病理学の基礎)。
四、防治原則(中医学の予防と治療理論の基礎)。
中医学と古代哲学とは密接な関係があります。陰陽五行学説以外、統一体観、恒動観、及び中国文化特有のパターン認識の思想(辨症論治)は中医学のすべての内容に貫かれています。広範囲にわたって客観的に存在する事象を高度に機能総括するという、この思考方法は科学分析を起源に於く現代医学と根本的に異なっています。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

医療気功

| コメント(0) | トラックバック(0)

内気を養い、気の流れを整えることにより、免疫力を高め、自身の健康を保持するとともに、外気を用いて患者の気の流れを整え、病を癒す療法です。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

薬膳

| コメント(0) | トラックバック(0)

数千年の歴史を経て培われた食物摂取方法を学び、体質・習慣・環境・天候等により病気になる前に体質改善し、その予防に基づいて健康に生活するためのナチュラル療法です。中医学理論に基づいて調理された料理、食事によって病気の予防や回復を促します。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村