菽脈診法(しゅくほうみゃくしん)

| コメント(0) | トラックバック(0)

菽(しゅく)とは、豆の重さの事で、両手手首の6カ所を3,6,9,12,15粒の豆の重さで押さえて、脈を診て、五臓のバランスや気血水の状態などを伺う方法です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shanti-ctm.com/mt/mt-tb.cgi/352

コメントする